NEW POST

* ゲルダさんの海辺の花たち ⑯

b0381325_04582514.jpg

*Kit: KYSTENS BLOMSTER L.N.30-5406 by Haandarbejdets Fremme
Design:Gerda Bengtsson

バーバスカムの隣りに、今度は白い花が現れました。
ノラニンジンです。→ 
ワイルドキャロットですね。

せり科の花は、みなとてもよく似ているので
なかなか区別がつきにくいですが
この刺繍をしたからには、ノラニンジンは見たらすぐわかるようになるかな…

b0381325_04590519.jpg

オフホワイトのリネンに、白や薄いグレーの糸で刺繍していくのは
とても見にくくて大変です。
下に濃い色の布を敷いて、刺繍してみたら
少しは目がちかちかしなくなったようです。

b0381325_05000913.jpg

ゲルダさんの海辺の花の刺繍、残りの花はあと2つになりました。
完成が近づいてきたら、ちょっとドキドキしてきました。
少しゆっくり進めることにしようかな。
終わってしまうのがもったいない気がしてきました。^^


ノラニンジンがとてもよく似合いそうなマレでは

b0381325_05005133.jpg

ひょいーっと飛んだかっちゃん

b0381325_05012270.jpg

大きく尻尾を振って

b0381325_05064689.jpg

大忙しで走り回って

b0381325_05071188.jpg

ねずみちゃん探しで大騒ぎです。

b0381325_05073408.jpg

そんなかっちゃん以外は、いたって静かなマレ。

b0381325_05075061.jpg

今日は、ロリータレンピカのバラがきれいに咲いていました。
晴れの日が続くようになってきたので
アブラムシは撤退し始めたようです。

b0381325_05082744.jpg

フサスグリの葉の裏には、美しいカタツムリ

b0381325_05121219.jpg

ヒツジグサも穏やかに咲いていました。

b0381325_05130596.jpg

そして、珍しく、子猫のお客さま。
とってもかわいい子猫です。
水路が一部埋まっているところを通ってやってきたようですが
我々がいるのにびっくりしていました。
特にかっちゃんの真っ黒さにびっくりしていましたよ~

b0381325_05131868.jpg

「頑張りました!!!」
U^I^U*

おかーさんもシャワー、頑張りました!
かっちゃん、もう少し控えめに頑張ってください~ ^^




[PR]
Commented by fran9923 at 2018-06-18 09:20
かっちゃんのジャンプ、素晴らしいです!!
この瞬間をよく捉えましたね!!カメラの腕もすごいすごい!!
ノラニンジンがとってもいいですね。白い色が刺繍はしにくかったでしょうけど、とっても綺麗です。
前の記事、白鷺ってそういえばコサギもいたのでしたね。今治の田んぼで沢山の鷺がいるのですが、どちらだったのでしょうね。両方いたような気がします。アオサギも大きくて目立つので近づくと飛んで逃げるのが結構迫力がありました。
いつも行っていた公園の池に住んでいます。

かっちゃんは今日もネコが驚くほど真っ黒ね。笑
Commented by echalotelles at 2018-06-18 16:34
# フランさん、こんにちは♪

かっちゃんの飛型点は満点ですね!(*´▽`*)
撮影のタイミングがうまく合いました~
ノラニンジンは図案を起こすのもなかなか難しかったんじゃないかな…と思いながら刺繍しました。
コサギのことを調べていたら、"白鷺"という名前のサギは存在しないということを知りました!
ダイサギ・チュウサギ・コサギ・カラシラサギのことを総称して白鷲と呼ぶようです。
田んぼにいたのは、どの鷺でしょうね。
コサギは、冠羽があるのと足先が黄色いのが特徴だそうですよ~
アオサギは大きくて、空を飛んでる姿も悠々としていますよね。
そして、時々、ギャーって鳴きますね。笑

猫が目をまんまるくして!かっちゃんを見つめていました。ヽ(^。^)ノ
Commented by etigoya13-3 at 2018-06-18 23:08
淡い色合いに白地の大変さよくわかります。
私は逆に黒地や紺地で苦労しているので。
だから下に明るい色を置いてさしています。
結構違いますよね楽さが。

かっちゃん見事なジャンプからやる気十分で、最後のどうだっていう真っ黒なお顔まで活躍の様子が伺い知れます。
お母さんのシャワーはさぞや頑張りがいがあっただろうと。笑

子猫のお客様かわいい♪
カタツムリ小さい時近所でいっぱい見ることができたのに、最近本当に見なくなりました。(ナメクジも)
どこへ行ってしまったのだろう…。
Commented by echalotelles at 2018-06-19 00:27
# etigoyaさん、こんにちは♪

そうですね、濃い色に濃い糸も目が辛いですね。
簡単なことでも、結構、違いがありますよね。
あとは、やはり明るい自然光の下で刺繍をするのがベストですね。(*‘∀‘)

カシューは、目一杯いい仕事をした!と思っているに違いないですよ~
見た目ほど汚れはひどくなかったのですが、なんだか草やら実やらいろいろくっつけてきてて、それを取るのが大変でしたw

この子猫、とってもかわいかったですよ。
もしかししたら、夜になるとちょくちょくきているのかもしれません。
そうですね、子どもの頃は石の塀の上とか、アジサイの葉っぱとか、梅雨時はすぐ目に着きましたね。
今は、除草剤やらなんやらが撒かれているところがあったり
昔に比べたら、やっぱり木が少なくなってるのかしらね。
Commented by snowdrop-uta at 2018-06-27 07:10
かたつむり、精巧な工芸品のようですね!
先日、山でシマシマのかたつむりを見つけたのですが
太い縞だけで、こんな細い縞は入っていませんでした。

そういえば、平安時代初期の仏像の衣の襞で、太いのと細いのが交互に並んだものがあります。
翻波式衣文(ほんぱしきえもん)というのです。
snowdrop-naraのお気に入り、法華寺十一面観音の裳裾などに見られます。^^
Commented by echalotelles at 2018-06-28 00:55
# snowdropさん、こんにちは♪

カタツムリにも、いろいろありますね。
日本の"でんでんむし"が懐かしいな。
かたつもりから、仏像へ飛びましたね。
翻波式衣文、覚えておきましょう。
私は、忙しい時もいろいろできるように千手観音のようになりたい・・・
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by echalotelles | 2018-06-18 05:22 | 手しごと | Comments(6)

liberte,amitie,illimite


by echalote
カレンダー