NEW POST

今年のお節 2018

b0381325_05563722.jpg

今年のお節は、こんな風にできあがりました。
お節を作るのは楽しみで、結構力が入るのですが
その割には、準備し忘れるものが毎年何かでてくるのです。
今年は干瓢を用意し忘れました。
ストックがあると勘違いしていたのです…
次回からは指差し確認しなくちゃ!

b0381325_05575159.jpg

一の重は、昆布巻き、伊達巻、菊華蕪、田作り、なます
そして黒豆です。
伊達巻は去年から作るようになって、今年もはんぺんの代わりに
Brandade de morue ブランダッド・ド・モリュ(鱈のムースのようなもの)を使って
おいしくできました。
菊華蕪は、年々細かく切れ込みを入れるようになっているのですが
こちらの蕪は、日本の蕪より少し硬いのです。
今回使った小さい方の蕪は畑でとれた日本の蕪で、とても柔らかくて
すぐにしんなりするのです。
菊華蕪はやっぱり日本の蕪で作るのがいいのだな〜と納得いたしました。^^

b0381325_05580490.jpg

二の重は、煮物とアーティーチョーク、そして
今年は栗の代わりにぎんなんを入れたきんとんを作ってみました。
しかし、フランスのサツマイモはオレンジ色で水分が多く
きんとんというよりピュレのようになりました。
でも、甘さだけはきんとんです!
来年は、水分の調整のためにこれにかぼちゃを加えようかな
それとも畑で日本のサツマイモを作ろうかな…
今から真剣に考えています。^^
こちらでも日本のサツマイモの苗を売っているサイトがあるのです。
ただし、いつも在庫があるとは限らないので、難しいかな。

b0381325_05582081.jpg

ところで、みなさん、黒豆の上に乗せたチョロギにお気づきになりましたか??
畑でちょとっ路収穫したチョロギをビーツの汁につけたものは
黒く染まってしまって、残念ながら失敗に終わりました…
それで、畑に残っているちっちゃなチョロギをまた収穫しに行って
今度はラディッシュと買い置きしてある梅干しに入っている赤紫蘇とお酢で染めていたのですが
大晦日の日に朝市に行ったら、立派なちょろぎを見つけたのです!
やった!!
そこで、それを染め始めたのですが時間切れ。
きれいに赤く染めることはできませんでした。
さて、次回はどうしましょう。
まずは、畑のチョロギが大きく育つように頑張ってみましょう。

チョロギと一緒に市場で買ったものはサツマイモと菊芋です。
フランスには里芋がないので菊芋を使います。
里芋のようにもったりしていなくて、シャキッとしたお芋です。
それがなかなかおいしいのです。

b0381325_05590655.jpg

お雑煮は、澄まし仕立て。
にんじんとほうれん草、小松菜を入れてありますが
これは畑でとれたものです。
畑でとれた野菜をお正月の料理に使うのもとても楽しみなのです。
小さい器に入っているお雑煮の具は、カシュー用。
とても喜んで食べていました。
でも、いちばん好きなのは伊達巻だそうです。^^

あ、スモークサーモンを買っておいたのにお重に入れるのを忘れました。
やっぱり指差し確認しなくちゃ!

b0381325_07004681.jpg

今回も基本的なことを確認するのに使ったのは、昭和51年の「きょうの料理」でした。^^
来年は、かまぼこやレンコンもお節に加えたいな。

b0381325_06001329.jpg

かくして
2018年もおいしいお節から食卓の一年が始まりました。
お節料理のように
自然の素材を少しだけ手をかけて料理したものがいちばんおいしいと私は感じます。
今年もいろいろ工夫して、彩のいいおいしい食卓にしていきましょう。
畑も頑張りましょう。

b0381325_06010584.jpg

「ね、伊達巻、もうちょっとだけちょうだい!!」
U^I^U*

もう残ってないんじゃないかな~
さあ、明日からは、もう通常の活動に戻りますよ。
かっちゃんもシャキッとして頑張ってちょうだいね~ ^^




[PR]
Commented by fran9923 at 2018-01-03 09:06
わ〜〜!!すご〜〜い!りっぱなおせちが出来ましたね。
昆布巻きも、アーティチョークも工夫して美味しそう!
伊達巻が何と言っても圧巻ですね。
すり身があってよかったですね。何かしら似たもので代用できるのですね。
いいお正月になりましたね。

前の記事の鎌倉八幡さま参りもとてもいい思い出ですね。
お母様の命日がお正月二日ということがきっと長い間悲しい思い出になっていたかもしれませんね。
でも幸せだった子供の頃を思い出すことで、だんだん良い思い出に変わってきているように思えます。

かっちゃん、もう伊達巻はおかーさんが食べちゃってないわよ。残念だったね。
良い一年にしましょうね。
Commented by PochiPochi-2-s at 2018-01-03 12:27
おいしい、おいしい御節ですね♪
いい正月を迎えられたようですね。
今年も楽しい記事を楽しみにしています。
かっちゃんにもよろしくね。

それにしても「昭和51年のきょうの料理」とは‼︎
Commented by etigoya13-3 at 2018-01-03 13:09
御節立派に詰まっていておいしそうです。
きんとん、私も荷物の重量制限で作った渋皮煮を持ってこれなかったのでりんごのレモン煮を加えました。
ちょろぎが売っているなんていいですね。
立派なちょろぎをベーコンと炒めてクリームソースで和えちょっとグラタン風に焼くのが大好きなので食べたい。
かっちゃん用お雑煮の具も同じように切ってあって一緒に食べる楽しみがありますね。

かっちゃんクリスマスに続いて美味しいもの食べることができてよかったわね。

Brandade de morue ブランダッド・ド・モリュが食べてみたい。
市販品があるというのがいいですよね。
自作ももちろん美味しいのですが、なにせふんわりムースのようには…していないので絶対食感が違うだろうなーと思っています。

日本でも瓶詰め売っているかしら?
戻ったらお店を見て回るのも楽しいかもしれません。
村の冷凍鱈(他の魚は塩漬けもあるのに鱈は冷凍ばかり)は元々が細身であまり脂がのっていないものすごい淡白なところへ持ってきて冷凍の仕方なのか他の魚より回答するとパサパサで今ひとつ。
でも繊維がほろほろになるからブランダードにはもしや向いているかもと思い始めました。
馬鈴薯ももらってきたし試してみようかななんて思い始めています。
Commented by echalotelles at 2018-01-03 21:20
♯ フランさん、こんにちは♪

エッヘヘ、今年も何とか形になりました!(*‘∀‘)
やっぱりお節がないと新年が始まりませんからね~
いろいろ工夫して作るのは、楽しいですね。

31年前のクリスマスからお正月にかけては、今まででいちばん悲しい時だったかもしれません。
でも、その時があったからこそ、その後の押し寄せる荒波!も乗り越えられたような気がします。
よい思い出は力になりますね!

「うっふふ、冷蔵庫にまだちょっと残っていた伊達巻をお昼にもらえましたよー
その前に、港まで行ったら白鳥にも会えました。
今年はきっといい年になりますよ♪」U^I^U*
Commented by echalotelles at 2018-01-03 21:35
♯ Pochipochiさん、こんにちは♪

おいしくできて、いいお正月になりました。(*‘∀‘)
Pochipochiさんのお嫁さんのお節もおいしそうでしたね。
今年もかっちゃんの活躍、そのレポートをどうぞお楽しみに!

なにしろ、お重も両親が結婚した当初に揃えたものなので
昭和40年頃から使っているものですからね~(^_-)-☆
Commented by utaka at 2018-01-03 21:36 x
今年もよろしくね。
立派なおせち料理作りましたね。美味しそうです。
私も今回は、遠くから娘が来てくれたので頑張りました。
近くの娘は連れ合いが熱を出し来れなくなりがっかり。
今日、「ほぼ充電できた」との言葉を残し娘は機上の人となりました。
さあて、私も頑張らないと。
先日送ったマルティナさんの毛糸を手に、母は喜んで編み進めてました。
「心が浮き立つね」って。確かに綺麗な毛糸を編むって楽しいですよね。
Commented by echalotelles at 2018-01-03 22:07
♯ etigoyaさん、こんにちは♪

お重にきっちりとお節が詰まると嬉しいですね~(*‘∀‘)
私の場合、どうも隙間が埋まらないな…と思っていたら、サーモンを入れ忘れていましたw
etigoyaさんもいろいろ工夫して、いいお節料理ができましたね!
りんごのレモン煮は、明るい黄色がきれいですね。
こちらのサツマイモのきんとんは、言われなければかぼちゃのきんとんと同じ味かもしれません。色もそっくりだしね。
チョロギは、年末だけ見かけます。日本でも東北の方では、いろいろ料理につかっているようですね。
チョロギをもっと食べよう会!を発足しましょうか。(*‘∀‘)

ブランダッド、おいしいですよね。
ブランダッドにもいろいろあるようですが、私が買ったものはとっても滑らかです。
私がいつも買う瓶詰は、冷蔵コーナーで売ってるので、同じものは日本で売ってないと思いますが、デパ地下などで売ってるかもしれませんね。缶詰もあるようなので、私もちょっと見てみます♪
たぶん、フランスで手に入る鱈もパサパサしてると思います。
何かいいレシピがあったら、お知らせしますね!
おいしい馬鈴薯と鱈があったら、絶対おいしいものができると思うなぁ。(*´▽`*)
Commented by echalotelles at 2018-01-03 22:12
♯ utakaさん、こんにちは♪

大人になると、なかなか家族全員が集まるのは、難しいですよね。
でも、それなりにいいお正月でしたね。
お母上が毛糸を喜んでくれてよかったですね~~(*´▽`*)
お元気で何よりです。
utakaさんも健康に気をつけて、ほどよく頑張ってくださいね。
今年もどうぞよろしくお願いします♪
Commented at 2018-01-05 01:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by echalotelles at 2018-01-05 02:53
♯ kagikomeさん、おけましておめでとうございます♪

そうですね、市販の蒲鉾はそんな食感かもしれませんね。
今度、かまぼこも手作りしてみようかな。
私も相棒が他界するまでは、フランス人の友人たちとカウントダウンパーティーで新年を迎えていました。
その後、実家で使っていた重箱をこちらに持ってきてから、おせち作りが始まったのですよ。
豊富な和食材が手に入る新天地、最高ですね♪
お引越しはもう少し先なのですね。希望が叶って早く落ち着けるといいですね。(*‘∀‘)
Commented by snowdrop-uta at 2018-01-06 16:20
今年も創意工夫に満ちた美味しそうなお節料理ができましたね!
snowdropのおせちの師匠も「きょうの料理」です。
料理カードに切り貼りしたので、発行年は分からなくなっていますが…
今年はこさえながら右腕がだるくなってしまいました。
田作りは乾煎りに時間はかかるけど、カサカサ軽いので大丈夫でした。
お料理上手なechaloteさんのだて巻き、かっちゃんも大喜びですね。
あら、かっちゃんの背景、だて巻き色です!
Commented by echalotelles at 2018-01-06 21:57
♯  snowdrop-utaさん、こんにちは♪

今年もなんとかお重にお節を詰めることができました。(*‘∀‘)
「きょうの料理」はしっかり基本を押さえてくれていていいですよね~
昔の「きょうの料理」がいいですね。51年は、土井勝さんが豆の煮方などを紹介していますよ。
裏ごししたりするので、右腕がだるくなりましたか??
大事にしてくださいね。
伊達巻はね、はんぺんの代わりのブランダッドがいい仕事をしてくれたのです♪
黄色いものは、おいしく見えますね!
Commented by maribabalondon at 2018-01-08 01:45
美しく、工夫に溢れた御節ですね。さすがだわー。
少しは見習わなくてはなりません。
かっちゃん伊達巻好きなのね。
Commented by echalotelles at 2018-01-08 02:57
♯ maribabaさん、こんにちは♪

数年前からお節作りが趣味のようになってきました。(*‘∀‘)
夏に畑にいるときも、お節のためにあの野菜の種を撒かなくちゃとか考えるようになってしまいましたよ!
作ってみると結構楽しいですよ。工夫するのも楽しくなってきます。
かっちゃん、お雑煮の具もおいしそうに食べてましたが、伊達巻がかなり気に入ったようです。(*´▽`*)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by echalotelles | 2018-01-03 07:22 | 日常の特別 | Comments(14)

liberte,amitie,illimite


by echalote
カレンダー